With my babies @Hong Kong

2007年12月末にママになりました♪ 2010年7月二人目出産しました。Meiの子育て奮闘記 at Hong Kong

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

40週検診

今日は40週検診でした。

クリスマス頃に産まれるだろうと思っていたので、
旦那は今日も休暇をとっていました。
半日休暇でよかったねぇ…。
結局、今日は最後の検診に一緒に行くことに。

いつものように、尿検査と血圧、体重測定の他は
赤ちゃんの心音確認と触診だけ。
公立の病院では内診がありません。
なので、子宮口がどのくらい開いているかとか、
出産が早まりそう又は遅れそうなど、まったくわからず。
ひたすら「陣痛・破水・おしるし」を待つのみなのです。

で、私はというと、
来週41週までに産まれていなかったら、
1月5日に誘発分娩となりました。


今日は朝から胎動が少なかったので、NSTをしました。
最初の20分くらい、赤ちゃんはまったく動かず。
看護婦さんがお腹をぐらぐら揺らして(痛いよ!)、赤ちゃんを起こしてチェック。
それでもあまり動かなかったけど、問題ないとのことで終了。

せっかく平日に旦那が休みなので、
ホテルでハイティービュッフェにでも行こうと思っていたのだけど、
ランチを食べたらお腹一杯だったので、
近くの青空市場をぶらぶらして、
家の近くのホテルでケーキを食べて帰ってきました。

もうお腹が重くて重くて歩くのも一苦労。
歩くと足の付け根も痛いよー。
この状態が来週の誘発分娩まで続くのはキツイ!

赤ちゃんよ、お願いだからそれまでに出てきてね。


スポンサーサイト

ホリデー終了

クリスマスホリデーもあっという間に終わり。
赤ちゃんにはまだ会えないけど、それなりに充実した休暇でした。

考えてみると、旦那と付き合っていた時から、
クリスマス休暇を丸々一緒に過ごしたことがない。
結婚した年はクリスマスとは無縁の国へハネムーンに出かけていたし、
それ以外は、いつもこの時期には日本や他国に出かけていたから。
今年は出産間際だったおかげで、旦那もずっと一緒に居てくれました。
クリスマス休暇を旦那と毎日一緒に過ごせたのは、
赤ちゃんが気を使ってくれていたのかもしれないな。

昨日は最後のホリデー。
とってもいい天気だったので、運動の為にと、海辺のプロムナードを散歩。
たっぷり3時間歩きました。
家に帰ってからDVD鑑賞していたら、二人とも途中で寝てしまってました。

    ☆        ☆          ☆         ☆        ☆

最近、市場でよくニュージーランド産のいちごを見かけます。
ニュージーランドでは今がいちごのシーズンなんだとか。
いちご
二箱で約\200ととっても安いので、いちごプリンを作ってみました。

いちご2

<作り方>
イチゴと練乳(大2~3)をミキサーでペーストにする。
ゼラチン5gは水でふやかしておき、
牛乳200ccと砂糖(好みの量)を火にかけて、ふやかしたゼラチンを溶かす。
牛乳が冷めたら、いちごペーストを加え、型に入れて冷蔵庫で冷やす。
量は適当でも作れます。味みて練乳を増やして調整しました。
プリンというより、ムースのようなババロアのようなトロンとした舌触りです。

クリスマス

今日は日本で言われていた出産予定日。
なのに、まったく気配なし。
やっぱり、香港で言われている予定日(12月29日)の方が
正しいのかもしれない。

ここ数日は、本当に歩くのさえ辛い!
もうガニ股じゃないと歩けないし、足の付け根も日に日に痛くなってきた。
座った状態から立ち上がるのさえ大変。
臨月も後半になって、先輩ママから
「歩くのがつらくて、早く産んでしまいたいと思わない?」なんて聞かれても、
「全然~まだまだ大丈夫♪ 」なんて余裕こいてたけど、

今ならその気持ち、すごくわかる!!

     ☆           ☆           ☆           ☆           ☆


昨日のクリスマスイブはおうちディナー。
旦那がケーキを買ってきてくれました♪

最後のXmas Dinner013 最後のXmas Dinner005 最後のXmas Dinner006 最後のXmas Dinner007

ノンアルコールのシャンパンを買ってきて
二人きりの最後のクリスマスイブを過ごしました。
来年は3人だね なんて話しながら。
旦那には、小さい頃の家族で過ごしたクリスマスの思い出はほとんどないのだそう。
クリスマスだからといって、特に何もしなかったのだとか。
私の小さい頃のクリスマスの思い出と言えば、
不二家のクリスマスケーキ、鶏もも肉、ブーツに入ったお菓子、クリスマスプレゼント
小学生くらいの頃までは、毎年家族で過ごしていたっけ。

私も自分の子供が小さいうちは、毎年ちゃんとおうちでクリスマスを過ごして、
小さい頃過ごしたクリスマスの思い出が、大きくなってもずっと彼女の思い出として
残っていてくれたらいいなと思います。

    

両親学級(39W4D) 

今日からクリスマス休暇が始まります。
旦那も休みになるので、休暇が始まる前に出産できたらなぁと思っていたけど、
普通にクリスマスを過ごすことになりそうです。
何も予定ないけどね…。

今日も両親学級へ行ってきました。
出産前の最後の講座になりそうです。

今日は母乳育児についてです。
香港でも母乳育児を推奨しています。
でも香港は働くママが多いので、早々とミルクに切り替えてしまう人が多いようです。
今回は母乳育児のメリット、正しい母乳のあげ方、起こりうる問題などを
たっぷり2時間スライドとビデオで説明がありましたが、
基本的には日本の本や雑誌で見たのと同じだと思いました。
今回の講座でおっぱいマッサージの仕方も教えるかと思いきや、
出産前のおっぱいマッサージは不要とのこと。
うーん、本当にしなくていいんだろうか。
日本の育児本を見ると、出産前に乳管口を開いておくと
出産後の授乳がスムーズになると書いてあるので
出産後、すぐに母乳を与えられるよう、私は続けようと思いました。

3ヶ月前に出産した看護婦さんが自分の母乳育児体験を話してくれました。
一番大変なのは、両親や義両親からの口出しだそうで、
自分なりに母乳育児を貫こうとしているのに、横から
「母乳が足りてないんじゃないか」とか「さっきあげたのにまたあげてるのか」とか
かなりうるさいんだそうです。
仕事に復帰する時、平日の世話は両親に任せるのだそうですが
「早く断乳してミルクに切り替えないと世話できない」とか言われたそうです。
彼女はそれでも仕事をしながら搾乳をし、今でも母乳育児をしているそうです。
周りからの口出しってストレスになりますよね。
私は幸い、義両親からの口出しは一切ないので、それだけは助かっています。

     ☆        ☆        ☆        ☆

今日のランチはトルコ料理。
トルコ料理004
ファーストフード店のような店構えです。


トルコ料理002 トルコ料理005
    魚のケバブ、                   牛肉のケバブ

トルコ料理001 トルコ料理003
羊肉とサラダ、ポテト添え、                 アイラン


全部おいしかったです♪
アイランはインド料理のラッシーより薄めです。

Istanbul Express
G/F,34A,Lock Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon
(他にも店舗あり)


デザートに重慶マンシン内でインドのお菓子を購入。
白いお菓子2種はコンデンスミルクがたっぷり入ったような味でとてもミルキー。
黄色い方のひし形のは、緑豆のお菓子だそう。ちょっとカレー味。
黄色いボールのは大豆のようなお味?かなか形容が難しい味です。
白い丸いお菓子が一番おいしかったです。
カルダモンティーを入れて、午後のおやつに頂きました♪
インドのお菓子

鼻血で入院 レーザー治療

タイトルどおりですが、
鼻血で3日間の入院生活を送っていました。

続きを読む »

HOME →次ページ

プロフィール

Mei

Author:Mei
香港で暮らすMeiです。
趣味:フラワーアレンジメント、料理
    お菓子作り、写真、競馬、犬

<家族構成>
香港人旦那とみぃ&カイ 4人家族

みぃはいくつになったかな

2007年12月31日生まれ

カイはいくつになったかな

2010年7月9日生まれ

みぃの成長記録

カイの成長記録
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー
FC2カウンター

みぃの本棚

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム