FC2ブログ

With my babies @Hong Kong

2007年12月末にママになりました♪ 2010年7月二人目出産しました。Meiの子育て奮闘記 at Hong Kong

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

球海旅行 その3

3g12[1]みぃ 10歳3ヶ月26日 & カイ 7歳9ヶ月17日

三日目。

昨日と同じペンギンレストランで朝食。
ペンギン水槽では餌やりが見れたよ。
ZhuHai 3day -a
餌あげてるお姉さん、餌を横取りするペンギンを叩いて蹴っ飛ばしてたわ。

最終日のこの日も午前中は海洋王国へ。
真っ先に向かったのが5D映画館。
海洋王国が属する長隆リゾートのイメージキャラクター達の冒険物語。
大人気で30分待ち。巨大シアターでびっくりよ。
ZhuHai 3day -b
5Dなので座席は動くわ水や風は飛んでくるわで、これがすごく面白かった!

次は中華白イルカのいる水槽へ。
ZhuHai 3day -c
ZhuHai 3day -d
体が白くてとても美しいイルカ達。

続いてマナティー館。
香港では見れないマナティー。中国語は海牛。
ドームトンネルの屋根で寝ていたマナティー。ホント牛みたいね。
ZhuHai 3day -e
ドームトンネルも長くて綺麗だったし、水中のデザインが正にアート。

続いて海底探検ができるアトラクション。
ZhuHai 3day -h
潜水艦をイメージした乗り物に乗って、ジンベイザメのいた水槽を通過したり
海底のマグマの様子を探検したよ。

最後にもう一度、昨日子供達に好評だったティーカップに似た乗り物に乗って、
ZhuHai 3day -g
長龍グループのメインキャラクターと写真撮って(あまりかわいくないよね)
海洋王国はこれでさようなら。

海洋王国、展示やショーも充実していてすごく面白かった!
ディズニーランドを意識して造ったようで、サービスも風格もディズニーランドに
よく似ていたよ。
球海はマカオからすぐなので、次回来るならマカオ泊して、日帰りでここに寄るのもいいな。
またいつか来たい。

この海洋王国は広州の長隆グループが手がけるテーマパークのひとつで、
球海の海洋王国の他にも、広州に野生動物公園、野鳥公園、遊園地、水上公園がある。
ここの野生動物園には全世界のホワイトタイガーの三分の一が飼育されているんだとか。
東京ドーム30個分の広さだって。次回は是非野生動物園に行きたい!

スポンサーサイト

珠海旅行 その2

3g12[1]みぃ 10歳3ヶ月26日 & カイ 7歳9ヶ月17日

二日目。

朝は昨日とは別のペンギンが見えるレストランにて朝食。
ZhuHai 2day (1)
メニューは中国なだけに中華系メニューがとても豊富だった。
このレストランにはロボット仕掛けのペンギンショーもあった。お金がかかってるねぇ。
ZhuHai 2day (2)
朝食後はまたペンギンを見に行く。
正直、ガラス窓は水垢のせいであまりクリアに見えないのが残念だったのだけど、
水中のペンギンはすご~くよく見えていいね。

朝食後は今回のメインイベント、海洋王国へ!!
ホテルを出たらもう正面は海洋王国だよ。
Zhu Hai Day2-460-1
ZhuHai 2day (21)
入り口の巨大マンタゲートの下は、アーケードになっていて、
これまた見たこともない巨大なスクリーンで大迫力の映像を流している。

ZhuHai 2day (17)
入場してすぐ向かったのは、パーク内一番奥にあるギネス記録を持つ水族館。
巨大ジンベイザメのモニュメントが目印。中国なんでもデカいよ、まったく!

入ってすぐのドームトンネルも香港の海洋公園よりはるかに大きい!
IMG_3209-1.jpg

カイが大好きなエイもうようよいたよ。
幻想的なグラゲの水槽を見たら、いよいよ目玉であるジンベイザメの水族館へ。
ZhuHai 1day (20)

この水族館、5つの部門でギネス登録されてるそう。
①世界最大の水族館 ②世界最大の水槽 
③世界最大の天井ドームトンネル ④世界最大の水族館の窓
⑤世界最大のアクリルパネル  
でもってこの水槽を手がけたのは、日本の「日プラ」という企業だそう。

これが世界一の水槽。
横幅39.6メートル、高さ8.3メートル。ちなみに沖縄の美ら海水族館は幅22.5メートルだそう。
そして最大の水槽は27000トン、沖縄美ら海水族館は7500トンだそうなので、
どんだけデカイかわかるかしら?
ZhuHai 2day (3)
この巨大水槽にジンベイザメが5匹もいるそう。
奥行きがありすぎて、ジンベイザメが近くに来てくれないと写真がクリアに写らない!
ZhuHai 2day (5)
まるで海底の中にいるよう。ずーーっと見ていたいわ。
ZhuHai 2day (4)
やっと撮れた渾身の一枚。

魚の渦が綺麗だったドームトンネル。
ZhuHai day2 -a

ジンベイザメの水族館を出て、見えたのが氷山のジェットコースター。
このアトラクションはびっしょびしょに濡れるというので、予めカッパ持参で来た私たち。
ZhuHai 2day (7)
カイはこういうのダメだから私と見学。でも私ったらカイのカッパを旦那に渡してしまった挙句、
こんなに水しぶきをあびたもんだから、カッパ役に立たなかった!と
旦那はパンツまでびっしょり濡れて帰ってきたわ。あはは、ごめんよ~

ランチ後は熊に餌やり。でもちょっと遠くて餌が熊に届かない!
ZhuHai 2day (8)
シロイルカのショー。シロイルカが8頭もいて可愛かった~

そして北極熊館へ。ここの熊はちゃんと「餌ちょうだい」するの。
ちなみに世界には8種類の熊がいるんだって。
ZhuHai 2day (9)
シロクマを間近でみてその大きさにびっくりしたわ。白狼もいたよ。

ペンギン館。
もう散々見てるけどね。
ZhuHai 2day (23)
水槽の水が目の高さまであるので、水中のペンギンをクリアに観察できる設計はいいね。
そしてペンギントンネルがとても綺麗だった!
ペンギンって空は飛べないけど、水中で泳ぐ速さは正に鳥だよね~と思わずにはいられない。
ZhuHai 2day (22)
世界には18種類のペンギンがいるそうよ。

そして、香港ディズニーランドにもあるようなアトラクションで遊んだり、
ZhuHai day2 -b

パーク中央にある湖で、ジェットブレード5台による大迫力のパフォーマンスを見て、
ZhuHai day2 -c
アシカに餌やりもやった。

そうそう、パーク内で日本から来ていたロケ班に遭遇。
日本語につられてみぃが近寄って行ったら「おいで~」って言わたらしく、
みぃが日本人だと知ると、どこに住んでるのかとか色々質問されていたよ。
どの番組だかもレポーターさんが芸能人なのかもわからなかったけど、
みぃ、こういうの全然怖けないのがすごいわ。
ZhuHai day2 -d
ちなみにレポートしてたこれ、人間乾燥機。濡れた服をこれで人間丸ごと乾かすんだって。
一回300円くらい。

パーク内で偶然同じ学校の元クラスメートの男の子家族と遭遇し、
一緒にアスレチックで遊んだよ。
ZhuHai day2 -e
で、最後にもう一度氷山ジェットコースターに乗りたいというので、最後はカイを説得して
4人で乗ることに。濡れるしジェットコースターの速さにビビって怒るんじゃないかと思ったけど
一番前に座ったからほぼ濡れなかったし、ゲラゲラ笑って楽しかったって。
カイ、一つ恐怖を克服したね。

一旦ホテルに戻り、夕食をとってから再び入場して、ナイトショーを見る。
ZhuHai day2 -i
ライトとレーザー光線と花火のド派手な演出の15分。中国スケールが違うわ。

その夜。イースターだったので、部屋でイースターエッグハントをやったよ。
隠したチョコエッグを必死に探す子供達。
ZhuHai 2day (16)
いっぱい遊んで楽しかったね!

3日目に続く

珠海旅行 その1

3g12[1]みぃ 10歳3ヶ月26日 & カイ 7歳9ヶ月17日

Zhu Hai Day1-460
イースターホリデーは中国・珠海へ小旅行に行ってきた。

珠海はマカオに隣接する中国の経済地区。ここには5つのギネス記録を持った
世界一大きい水族館を持つ海洋王国というテーマパークがあり、
パーク内ホテルのひとつ「ペンギンホテル」はペンギンだらけだそうで、
ペンギン大好きなカイは大喜びに違いない ってことで、私も一度行って見たかったのよね。

九龍からジェットフェリーで1時間、更にバスで45分ほどで見えてきたよ、
ド派手なペンギンホテル!
ZhuHai 1day (1)
広いロビーには巨大なペンギンのモニュメントが!

ZhuHai 1day (2)
さすがペンギンホテル、あちこちにペンギンがいるよ!

ZhuHai 1day (3)
早速チェックイン。部屋のデコレーションもアメニティーもペンギンだらけ!カイ大喜び~!!
ZhuHai 1day (4)
ホテルの前はもう海洋王国。部屋からは同じパークホテルである二つのホテルが見える。
手前はサーカスホテル(サーカスを鑑賞できる)でその奥が横琴湾ホテル(別名イルカホテル)。

お昼ごはんを食べに、このホテルの目玉であるペンギンが見えるレストランへ。
ZhuHai 1day (5)
ペンギンの水槽の周りをぐるっとレストランが囲んでいて、店内からペンギンが見える
ユニークな作りになっている。
温帯と寒帯に分かれていて、皇帝ペンギン、ジェンツー、フンボルトという種類のペンギン
約90匹が飼育されているんだとか。
ZhuHai 1day (14)
ペンギンがこんな近くで見れて面白~い!ここで食べた料理もめちゃおいしかったよ!

食事後は、ホテル内を散策し、今晩見るサーカス場所の確認しながら
横琴湾ホテル(別名イルカホテル)を見に行く。
ZhuHai 1day (7)
イルカホテルのロビーにも巨大なイルカのモニュメントが!中国、何でもデカいし派手だわね。
このイルカホテルの庭にはイルカを飼育しているプールがあって、
イルカと泳げたりイルカについて学べるプログラムがあるらしい。
ZhuHai 1day (8)
プールにはイルカ10匹くらいいて、ちょうどエサやりの時間だったみたいで、近くに寄ってきた。
ZhuHai 1day (9)
こんなに近くで見れたよ。かわいい~

夕方、サーカスを見る前にホテル内のフードコートで夕食。
料金はどれも香港よりちょい安いくらい。
ZhuHai 1day (13)

夕食後は歩いてサーカスホテル内のサーカス劇場へ。
ZhuHai 1day (12)
1時間半のショー、とにかく全部面白かった!BGMが生演奏なのもよかった。
特にライオンが8頭もでてきたサーカスは圧巻!
ZhuHai 1day (11)
大満足で1日目終了。

2日目につづく。

2018年旧正月

3g12[1]みぃ 10歳2ヶ月15日 & カイ 7歳8ヶ月6日

DSCN0327-460.jpg

とっくに終わっちゃった旧正月だけど…
今年の旧正月は2月中旬だった。でも香港でインフルエンザが大流行していたせいで、
教育省が2月8日から全幼稚園・小学校を休校とさせ、予定より早目の旧正月休みに突入。
みぃなんて18日間もの休みになった。

で、休みになって早速出かけたのが、香港ディズニーランド。
今持ってる年パスでは旧正月休みには入場できなかったのだけど、
臨時休校のおかげで入れることに。
HKDL CNY-1
hkdl Poos friend
アトラクションはもういい加減飽きてきてるけど、イベントごとに衣装が変わる
キャラクター達との写真撮影が楽しみな私達。
今回もチャイニーズ衣装を着ているキャラクター達や、普段めったに見れない
熊のプーさんのお友達と写真が撮れ大満足。

hana43[1]花市:
旦那が休みをとって、家族で「花市」と呼ばれる旧正月前に開かれるマーケットに行って来た。
売ってるものはおもちゃや風船などのガラクタ雑貨やら食べ物やら正月に飾るお花など。
Flower Market 2018-1
花市に来たら、毎年風船を買っていたみぃだけど、今年は風船はもういいって。成長したな。
Flower Market 2018-2
カイはワンコの風船、みぃは柴犬のぬいぐるみをそれぞれ買ってもらった。
Flower Market 2018-3
今年は切花をやめて蘭を買ってみた。持ちがよくて綺麗!毎年買おう。
水仙も旧正月中、ワンサと花をつけ家中がとってもいい香りだった!
どれもHKD$100(1500円)程。

hana43[1]大晦日の夜:
大晦日は家族で一家団欒して食事をする日。
今年も義妹宅にて「盆菜」と呼ばれる、鍋料理をみんなでつつく。
この「盆菜」にはあわびや肉野菜など約30種類の食材が入っているのだけど、
どれも同じ味なので、食べていると飽きてくる。でも買ってきて家でアツアツを食べれるし、
準備も後片付けも簡単なので、大晦日料理の定番。
New Year eve 2018
夕食後、子供達はベイブレードに夢中。

hana43[1]初詣@黄大仙:
元旦に当たる「初一」の日は、ゆっくり起きて、買い置きの旧正月中に食べる定番の
ココナッツ餅や大根餅などを食べ、日中はテレビで映画をやっていたのでずっと見て
各自のんびりダラダラと過ごす。
二日目の「初二」の日に、親戚一同で黄大仙へ初詣。
黄大仙への初詣は、毎年旦那がみぃだけを連れて行っていたのだけど、
今年はカイの見識も兼ねて、みんなで行って見ることに。
実は私も旧正月に行くのは初めてなのだ。
Wong Tai Sin-1
毎年ものすごく混んでて、線香で煙たいイメージどおり、確かに混んではいたけど、
入場制限をしていてるので、そんなでもなかったな。待ち時間に旧正月の飾り物を買ったりした。
Wong Tai Sin-2
各自干支の置物をなでなでして、線香に火をつけいざ本堂へ。
Wong Tai Sin-3
無事におまいりできたけど、煙いし人も多いし待ち時間も長いし楽しくないから
カイもみぃも来年は行かないってさ。私も来年はもういいや。旦那だけで行ってきてもらおう。

line8[1]line8[1]line8[1]

hana43[1]カップヌードルファクトリー;
香港にもオリジナル「カップラーメン」や「出前一丁」を手作りできる
日清のラーメン工房が香港空港の第二ターミナルにある。
普段は数ヶ月先まで日曜日の予約はいっぱいなのだけど
旧正月直前の日曜日に空きがあったので、いとこのフォンフォン達を誘って行ってきた。
cupnoodle -1
オリジナルカップラーメンは、カップに好きな絵を描いて、好きな粉末スープと具材を
入れてもらいパッキングしてもらう。
cupnoodle -2
絵を描いたらスタッフに渡し、ハンドルを回して麺をカップに入れ、
粉末スープと指定した具材を入れてもらい、ビニールで包装してもらいできあがり。
cupnoodle -3
できたカップヌードルはエアーパッケージに空気を入れて持って帰る。時間にして30分ほど。
続いて、出前一丁の手作り麺方工房へ。
Cupnoodle factory-4
まずは小麦粉にかんすいを入れて手で捏ねて、捏ねた生地を何度も製麺機にかける。
このハンドルをぐるぐる回して製麺機にかける作業はカイが大ハッスルでやってくれてくれたよ。
Cupnoodle factory-5
生地を寝かせている間にパッケージに好きな絵を描く。
寝かせた生地をまた製麺機にかけて、麺状にカットしていく。
Cupnoodle factory-7
できた麺を型に入れて油で揚げて行き、冷めたらパッケージしてできあがり!
全工程で90分ほど。なかなか面白い体験で、子供達には大好評だったよ。

002.gif

hana43[1]ラマ島ハイキング:
旧正月が終わっても子供達はまだ休み。
なので幼馴染のYくんと、離島にあるラマ島へハイキングに行ってきた。
ラマ島は離島では2番目に大きな島で、香港からフェリーで30分程で行ける。
フェリーターミナルが2箇所あり、その二つの港の間は歩いて1時間ほどの
ハイキングコースになっている。うちらは榕樹湾に到着し、索罟湾から帰るコースにした。
lsma island -1
榕樹湾の方が港付近にカフェや海鮮レストラン、雑貨屋など店が色々あるので、
休憩時に食べるおやつや飲み物などを購入して、ハイキングスタート。
lsma island -2
道中はローカルな雰囲気の住宅を通り、20分くらいでビーチに出る。
ビーチに出てからは上り坂になり、高台に行くと遠めに火力発電所が見える。
lsma island -3
途中の休憩所で一休み。とってもいい景色よ~。
lsma island -4
山登りを趣味とするYくんママにはぜんぜん物足りなかった感じだったけど、
私はこれで精一杯だったわ…。海や山が好きな人にはお勧めの島よ。
次回くるなら今度は海鮮料理も食べて帰りたいな。

hana43[1]カイ親子旅行:
カイ、小学校の親子旅行で暇日農場へ行った。
この農場、香港の親子旅行の定番コース。カイもみぃも何度も行った。
私はカイが4ヶ月の赤ちゃんの時にみぃの幼稚園の旅行で行ったきり。
久しぶりなので、今回の親子旅行は私がついていくことに。
Holiday farm-1
Holiday farm-4
ここはうさぎやモルモット、豚に牛、ヤギ、カメなどの動物の他、
沢山の手作り遊具があって、子供達はおもいきり遊べる。
Holiday farm-2
小動物へのエサやりは1回150円ほど。もちろん1回で済む分けなく何度もやることに。
こういうの子供は大好きよね。抱っこできたらもっとよかったんだけどね。
Holiday farm-3
夕方にはヤギが放されて自由に歩き回ってたので、カイはヤギの後ばかり追っかけていた。
こういう農場、楽しいね。もっと連れていってあげたいな。

中国民族村@深セン

3g12[1]みぃ 10歳1ヶ月6日 & カイ 7歳6ヶ月28日

ちょっと足を伸ばし、子連れでは初めてお隣の中国・深センへ遊びに行って来た。
みぃの幼馴染のYくんと共に、子供達は初めての陸から陸への国境超え。
私も久しぶりの深セン。最後に行ったのもまだ深センに地下鉄ができる15年以上も前なので
子供達と同じくらいワクワク。

始発駅のホンハム駅から終点羅湖駅まで約40分。電車を降りてそのまま徒歩で香港出国へ。
更に歩いて中国のイミグレへ。香港人と日本人は中国入国の階が違うので、旦那と分かれ
うちら5人は外人用窓口へ。ここで大人だけ指紋をとられたりして時間かかったけど
20分くらいで中国へ入国。旦那と出口が違ったので合流できず焦ったけど、
無事全員そろって地下鉄へ。
Little china 13
深センの地下鉄は香港の地下鉄MTRが関与していたようで、造りが香港のMTRとそっくり。
全体的に白一色でむしろ香港より清潔感があり快適。

地下鉄で30分、徒歩2分で着いた先は中国民族村。
Little china 14
ここは中国の有名な名勝古跡をミニチュアにした「リトルチャイナ」と
中国に住む少数民族を紹介している「民族村」が一緒になったテーマパーク。
Little china 1
園内に入ると目の前に電車型の園内観光バスが停まっていたので、カイが黙っている訳なく
案の定乗りたいと言うので乗り込んで出発。この観光バス、リトルチャイナと民族村をぐるっと
一周するバスだったらしく、見たい遺跡をどんどん飛ばして行くので、途中で降りて
歩いて周ることにした。
Little china 2
歩きながらミニチュア遺跡を見て行くと、北京の円明園を発見。
この西洋風の遺跡は、その昔北京に留学していた大学のすぐ裏のあったのだけど、
近いからまたすぐ行けると後伸ばしにしていたら、留学中結局1度しか行けなかった。
清の時代に作られた皇族たちが遊ぶ離宮だったそう。

Little china 3
北京の万里の長城。壁の質感とかとてもよくできている。

Little china 4
北京の紫禁城と天壇。ミニチュア撮影にみんな夢中。

Little china 5
雲南省のタイ族の村。これらの遺跡展示にはミニチュアの人形も配置されているのだけど、
これがまたすごく良くできているのよ。写真撮影が楽しい!

Little china 6
これらの石窟、すべて世界遺産。
本物は見たことがないけど、楽山大佛なんて71mもあるらしい。

Little china 7
莫高窟@甘粛省敦煌
上記の龍門石窟、雲岡石窟と共に中国三代石窟といわれてる。
1000年に渡り造られた700以上の石窟内には2400体の仏塑像が安置され、
壁には極彩色の壁画で彩られている。
留学中に本物を見に行ったことがあるけど、内部の撮影が禁止されていた為、
どんな壁画だったかまったく記憶にない。ここで確認できてよかった。

Little china 8
ランチは屋台で中国各地の名物をちょこちょこ食べる。どれも20元(340円)ほど。

Little china 10
四合院。
方形の中庭を囲んで、1棟3室、東西南北4棟を単位とする北方中国伝統的家屋建築。
北京でも多くの四合院が取り壊されてしまったそうで、北京留学時代も本物は見たことがない。
一度覗いて見たかったので、ここで実現できて感慨深い。

Little china 9
今回子供達が一番喜んだのが、この飴細工。熱々の飴で干支や鳥などを描いてくれる。
一つ10元(170円)程。これ以前イッテQで手越くんが挑戦したやつ。すごく難しいらしい。

続いて少数民族のエリアへ。
Little china 11
中国には56もの少数民族がいて、その92%は漢族。その他55の少数民族の村を
再現したエリアがここ。
Little china 12
でも時間がなくて全部周れなかった!

民族村、私もとても久しぶりだったけど、すごく良かった!!
若かりし頃、中国にいた時に見た名勝古跡をここで再び見てみて、
こんなんだったかぁと再確認すると同時に、当時一緒に行った友達や
様々な情景がどっと思い出され、とっても懐かしくなった。
一緒に行ったYくんママも、この中国文化村がとっても気に入ったらしく、
また是非来たいそうなので、涼しい季節になったら今度は泊まりで来よう!
ってことになった。この民族村はナイトパレードがまたすばらしいんだとか。
みぃもそろそろ学校で中国の歴史を勉強するようだし、少しでも歴史がわかると、
もっと理解も深まるだろう。子供達が大人になって実際にこれらの遺跡を目にした時、
ここで見たことを思い出してくれたらなぁと思う。
園内はきちんと整備されてるし清潔で安全。地下鉄駅からもすぐなのでとても行きやすいよ。
深セン、まだまだ楽しい場所がいっぱいありそうなので、また挑戦しようと思う。

HOME →次ページ

プロフィール

Mei

Author:Mei
香港で暮らすMeiです。
趣味:フラワーアレンジメント、料理
    お菓子作り、写真、競馬、犬

<家族構成>
香港人旦那とみぃ&カイ 4人家族

みぃはいくつになったかな

2007年12月31日生まれ

カイはいくつになったかな

2010年7月9日生まれ

みぃの成長記録

カイの成長記録
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー
FC2カウンター

みぃの本棚

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。